FXの良い点、悪い点を理解しておこう!

■レバレッジって何?詳しくおしえて

FXで大きく儲けるためには

何かと話題になっているFX取引。
FXの魅力といえば、なんといっても大金を稼げるイメージですよね。
しかし、なぜ大きく稼げるのかを理解する必要があります。
その仕組みの一つがレバレッジです。
レバレッジを上手に使えば、手持ちの資金を増やすことができます。
ただ、その逆パターンもあるので気をつける必要があります。

レバレッジの基本

まず、レバレッジというのは、自分のお金を証拠金として預けることで、数倍の金額で取引ができるシステムです。
レバレッジは少ない資本金でも大きな取引ができるので、通貨を沢山購入することができます。
レバレッジについては、1倍から最大400倍までかけることができます。
レバレッジは選ぶことができるので、初心者は3倍とか5倍とかの低めのレバレッジで始めることが重要です。
もちろん、レバレッジをかけていれば、もらえるスワップポイントもその分増えます。
10倍のレバレッジもかければ、素直にスワップポイントも10倍もらえます。
例えば、1ドル=100円の場合、1 万ドルを買いたいとなると100万円が必要です。
しかし、レバレッジを10倍にすれば、10万円の資金で1万ドルを購入することができるわけです。

ただし、損益に対するリスクヘッジを

FXでレバレッジをかけることができるのは、差額決済が採用されているためです。
差額分だけ手に入れることができるので、少額で取引ができるわけです。
しかし、為替レートが下がるとすぐに損をすることもあります。
時に証拠金が足りなくなることもあるので、リスクヘッジをしておく必要があります。
そのための方法の一つがロスカットで、損失が拡大してきた時に証拠金以上の損失が出ないように強制的に決済ができるよう設定しておくことができます。
自分がコントロールできるレバレッジ設定をするのも損益を出さないための工夫になります。

FX業者は慎重に選ぶこと

損失を拡大させないために大切なのは、FX業者を上手に選ぶことです。業者によってレバレッジの規定は異なるので、かけられるレバレッジの大きさも違います。ロスカットなどのシステムの有無や使えるツールも異なるので、事前の情報収集は欠かせません。今はネット上でレビューを読むことができるので、実際に使用している人の声を参考にするのもオススメです。初心者でも取り組みやすいよう、ネット証券などでは無料セミナーを開催しているところがあります。基礎知識は無料で学べるところも多く、やりながらでも学習できるので、まずはレバレッジ1倍からでも始めてみるのも一つの手です。ネット証券はスプレッドも狭いところが多いので、手数料も少なくFXに取り組むことができます。