FXの良い点、悪い点を理解しておこう!

■スワップの注意点

資産運用方法としてFXの魅力に注目が集まっています。
FXって言うと、外貨を安く買い、高くなったら売ってこの価格差で利益を得る為替差益を狙う方法というのがよく知られていますが、他にもFXで利益を得る方法として、スワップポイントを狙った取引きというのがあります。
FXの取引きの中では、為替差益を狙った取引きでは、相場の動向をつかむ・よむ力というものが利益を分けるものとなり、相場の動向を判断する材料としてざまざまな知識や判断力などが必要とされ、常に市場の動向に目を向けておく必要があります。
その点、長期的なトレードで特に毎日の相場に左右されにくいといわれ、比較的低リスクで運用できる・・・と初心者向けだといわれたりもしますが、実はスワップポイントで稼ぐ方法にも注意しなければならないリスクというものがあります。
まず、スワップポイントというのは、低金利国の通貨で高金利国の通貨を買うと金利差が生し、保持することで金利を得るという方法です。
日本はまさに低金利政策が続く超低金利国。

イメージでいうと、FXのスワップポイントは外貨預金の利息みたいなもの、ですが!反対に金利の高い通貨を売るとスワップポイントを支払わなければならない・・・ということが生じます。
なので、通貨を買うタイミングというものが重要になってきます。
つまり、スワップ金利を狙った長期トレードといっても、適当なタイミングでポジションを持ってしまうと、後々為替レートの差で損失となる!なんていう可能性もあるのです。
金利の差が狭くなればなるほど利益は少なくなってしまいます。
なので、金利の動向には注意が必要ですし、今金利が高い通貨であってもいつまでも高い状況が続くとは限りません。
特に、新興国については大きく変動することもあることに気をつけて、通貨選びも慎重にしなければなりません。
そして、長期トレードでは毎日の小さな為替変動に左右されることはありませんが、取引きしている通貨の大きな流れは掴んでおきましょう。
大きな為替変動は、スワップポイントを貰ってもマイナスになってしまうこともあるからです。
もう一つ注意が必要なのは、高い金利の通貨を売るポジションを長期で持ち続けると、スワップポイントを支払いが続き、証拠金の額がどんどん目減りしてしまいます。
証拠金不足でのロスカット(強制決済)にならないように! 十分な証拠金で余裕のある取引きを・・・